レギュラー・ミーティング

週2回,研究室のメンバー全員が集まってミーティングを開いています.1回に2人程度,各自の研究報告や論文紹介などを行っています.

 

Discussion in English (DIE)

英語によるコミュニケーション能力上達のために,週1回,当番の人が用意した英語の文献を紹介し,英語で議論する機会を設けています.教員,博士課程院生,及び希望者がやっています.

ジャーナル・レポート

研究に関わる数多くのジャーナル,論文誌をリストアップし,分担を決めて,最新の論文の内容をwikiで紹介,コメントしています.月一回集まって,簡単にその紹介もしています.

フレッシュマン・ミーティング

新入メンバーが人工生命などに関わる図書に関する輪講を行っています(前期).

研究室公開

毎年6月のはじめに行われる名古屋大学の学祭「名大祭」において,研究室公開を行っています.
例年,研究室での活動に興味のある学生さんだけでなく,子供から大人まで幅広い方々に楽しんでもらっています.
各メンバが,パワーポイントや資料を使って,それぞれの研究をわかりやすく紹介します.

研究室内シンポジウム

毎年9月中旬から末の間に,研究室内シンポジウムを開きます.研究室内とはいえ,論文形式の予稿集と,学会発表と同じように時間を測って発表を行います.夏休み中の成果をまとめる場として,例年みんながんばって準備しています.

学会発表

研究成果がまとまったら,学会発表です.人工生命研究の2大国際会議であるALIFEECALは もとより,研究の方向性によって,情報処理学会,人工知能学会,計測自動制御学会などの工学系の学会主催の研究会や全国大会,あるいは,数理生物学会,進 化学会,日本認知科学会など,幅広い場で発表したり,論文をパブリッシュしています.なお,修士課程の院生は,少なくとも1度は学会発表を行うことにして います.

研究環境

基本的には,研究室のメンバ全員に,机とPCが割り当てられます.PCは各自の希望や研究の進捗状況に合わせてスペックやOSが決められます.建物や部屋の環境も恵まれています.
また,計算機実験を繰り返し何度も行う場合などには,研究室専用のクラスタPCがあり,計算機パワーをフルに使うことができます.さらに,群ロボット,モジュラー型ロボット等を含めて人工生命研究に適したロボットがあります.